兼業主婦の悩み家事と育児と仕事の両立って出来るの?

兼業主婦の悩み家事と育児と仕事の両立って出来るの?

兼業主婦の悩み家事と育児と仕事の両立って出来るの?
現在26歳の兼業主婦です。

 

兼業主婦のため、家事と育児と仕事の両立が難しいです。
夫も仕事が忙しいため家事と育児を手伝うことはできず、
一人で乗り切らなければならない状態です。

 

1年前までは体力もあり、両立できていたと思っていたのですが
今では体が常にだるくイライラしてしまいます。

 

兼業主婦の悩み家事と育児と仕事の両立って出来るの?
子どもの相手をする時間がないためにテレビを付けっぱなしにしてしまい、
なおかつ睡眠時間を削って家事をしてしまっていたこともあります。
そのため仕事への集中力もなくなり、なんのための兼業主婦か分かりません。

 

家事と育児と仕事どれも中途半端になってしまい、子どもにも申し訳ない気持ちでした。

 

もうこの際、専業主婦になろうかとも考えたのですが
会社の従業員数が少なく、やめると他の方に迷惑をかけてしまいます。
また、私と同じ程度のスキルを持っている人がいないために引き継ぎもできません。

 

兼業主婦の悩み家事と育児と仕事の両立って出来るの?
最近子どもにチックのような症状が出始めたので、そろそろ改善しないといけないな、と考え
子ども中心な生活を始めてみたものの
妊娠中に飲んでいた、ピジョン葉酸カルシウムプラス
次は家事がおろそかになり、夕食に手作りを出すことが少なくなりました。

 

体力さえ戻れば以前のように動くことができるのではないか、と思うのですが
なかなかきっかけがつかめずにいます。

 

生活リズムが崩れているため、それをどうにかして正そうと考えています。

二人目妊娠は大変

私は妊娠中に金属アレルギーになりました。妊娠初期に使用していた結婚指輪の付近が痒くなって、するとそのうちにかぶれたようになってきました。

 

 

病院で診てもらったら、皮膚が敏感になって、金属アレルギー風になっていると言われました。
この出来事があってから、指輪つけることをやめました。
妊娠中だけの出来事で、お産が終わってから少しすると元に戻り、今はもう金属が原因で皮膚が赤くなったりはしません。

 

 

 

妊娠しているとお肌が敏感になるみたいです。

 

 

妊娠中お勧めするのは、マタニティスイミングです。

 

特に妊娠後期、お腹が大きくなって歩くのもきつくなりますので、水中での運動はとても気持ちがいいものです。もちろん、実行する際には相談をかかりつけのお医者様になさってくださいね。

 

 

 

ゆらゆらと浮かぶ事で身体が軽くなり、動きやすくなります。

 

マタママばかりなら、気持ちの共有もお互いできますし、出産後には赤ちゃんのスイミングクラスでさらにお付き合いを広げる事ができます。

 

 

 

妊娠中は食べるものに注意しましょう。

 

 

ビタミンAを過剰摂取すると胎児が先天性奇形となるリスクが高まるそうで、私はレバーやウナギを避けるようにしていました。
特に妊娠初期の細胞分裂が激しい時期は特に気にかけた方が良いようです。ビタミンAの含有率が高いウナギは妊娠中にとっても良い最大のビタミンA量に一口だけで達してしまいました。

 

眠くなることも妊娠中はよくあることで、ついつい昼寝を長く取り過ぎてしまいますが、たっぷりとある時間を使って、手のかかる保存食や漬物などを作ってみましょう。妊娠すると血圧が上がることがあるので、野菜を多めにとるようにしましょう。買ったものの読まずに積み上げていた本を読んだり、気になっていた水回りの掃除をしたり、普段はやらない掃除や調理で体を動かすと、体重の増加も防ぎ、まさに一石二鳥です。23週で子宮頸管無力症と診断され、妊娠24週でシロッカー手術をし、自宅安静のまま妊娠34週まで来ました。

 

正産期はまだ少し先ですが赤ちゃんも2000グラムと順調に成長してくれていて、早産になってしまわないかと不安な日々ですが、産休をもらい、穏やかに過ごさせてもらっています。

 

 

 

ブログやネットなどで同じ切迫早産やシロッカー手術を経験したお母さんのお話に励まされています。このまま日々穏やかに元気な赤ちゃんを産めるよう、残り一カ月弱の妊娠生活を満喫したいと思います。妊娠中に気をつける事は、摂取する食べ物や栄養に気を配ることです。赤ちゃんは自分で栄養摂取することが難しいためお母さんからもらいます。ですので気を配らなければなりません。

 

 

 

摂取してはいけないものの中でカフェインがあります。

 

 

コーヒー、ウーロン茶、紅茶などのカフェインを含む飲料は控え、お酒やタバコもやめることです。また、コンビニなどのカップ麺のようなインスタントは塩が沢山入っているので控えてください。

 

 

食事は家庭的なものにすることが大事です。

 

 

みかんやイチゴなどのフルーツを摂取するのもいいですよ。

 

出産は2回経験しました。
1人目も2人目もつわりがすぐに現れたので、妊娠を確定できる時期より早くに妊娠しているとわかりました。なので2人目も1人目と同じようなマタニティライフになるかと思っていたのに正反対でした。

 

 

最初はつわりも重かったので食べられない日々でした。二回目は最初の1ヶ月間だけでつわりが終わり、落ち着いた生活をしていましたが、切迫流産と切迫早産の2回の危機に入院生活を余儀なくされました。妊娠するたびに経過は異なるので、身体の変調にくれぐれも気をつけて素敵なマタニティライフにしてください。

 

妊娠発覚後、つわりが非常につらかったのと重労働な仕事だったため退職しました。仕事を辞めるという選択を取る人も少なくないと思いますが、体力的に厳しくなければ、働き続けてもいいと思います。妊娠中は葉酸が取れるサプリメントを飲むよう言われ、ずっと飲んでいました。

 

また、貧血気味だったので、処方された鉄剤だけでなく鉄分の多い食材を積極的に摂っていました。

 

妊娠するということは一種の奇跡だと思います。
赤ちゃんができたということはたまらなく幸せなことですよね。妊婦さんの検診ではエコーを使った検査をしますよね。赤ちゃんが順調に育っているかを診るものですが、赤ちゃんの性別もわかりますよね。

 

 

 

胎児の性別を早く知りたいという人も多いと思います。仮に希望していた性別ではなくても残念に思わないでくださいね。
我が子に対面すると世界一可愛いと感じられます。妊娠している間は、まずはお母さん本人がストレスを溜めないことが赤ちゃんにとっても一番重要だと思います。

 

 

それが1人目の子なら特に自分の体の変化や生活環境に慣れず、自覚しなくてもストレスはたまっていくと思います。そんな中で、栄養や赤ちゃんのことを考えて健康に気遣うのは当然のことですが、極端に行動や食事に制限をかけることは精神的に負担になっていいことは無いと思います。心安らかに過ごすことが最も大切だと思います。

 

二人目は自然と体を動かすことになる

妊婦さんでも、自身の体調や赤ちゃんの成長が順調であれば、担当医から軽い運動で体力をつけるように言われる人もいるでしょう。分娩時に削られる体力は相当なものなので、妊娠していても体力をつける努力が必要なのです。

 

また、体重増加を緩やかにする目的もあります。

 

しかし、お腹の張りが頻繁に起こるなど安静であるよう指導が入っている人は、お医者さんの指示には従ってください。

 

 

例外なく、運動は赤ちゃんもお母さんも経過が問題ない人が行うものです。
妊娠初期のつわりは人それぞれと言いますが、私は食べづわりになってしまい、何かを口にしていないと気持ちが悪くなっていました。

 

脂っこいものや甘いものは見ただけで気持ちが悪くなりました。

 

 

 

何とか口にできるのはスナック菓子と野菜、パンケーキだけでした。

 

 

それ以外の物は何とか食べても後で吐いてしまうことが多かったです。このような食生活でちゃんと栄養が足りているか不安でしたが、妊娠当初は栄養を取らなくてもそこまで問題無いので食べられるものを食べなさいということ。早く解放されないかな…と辛さに堪えながらいつも願っていました。

 

 

 

妊娠中は体重や体脂肪が増えやすくなるため、程々に体を動かすことが大切です。体の調子がよかったら、軽く歩くなどの運動をしてみましょう。スポーツクラブなどでマタニティビクスを楽しむのもお勧めです。しかし、運動することが大切だからといって、決して無理な運動はしてはいけません。運動する際に疲れや体調不良をなどと感じるようなら、すぐに運動は中止して横になりましょう。
動いていて楽なくらいの運動が良いですよ。
23週で子宮頸管無力症と診断され、翌週にシロッカー手術をして自宅安静のまま34週目に入りました。

 

正産期に入るまではもう少しかかりますが赤ちゃんも2000グラムと順調に成長してくれていて、早産の可能性はまだ残るものの、産休期間に入り、ゆっくりと過ごさせてもらっています。

 

いろいろ調べていると同じように早産やシロッカー手術をされた方の体験談に勇気づけられています。

 

 

 

このまま日々穏やかに元気な赤ちゃんを産めるよう、残り少なくなった妊娠生活を満喫したいと思います。お腹に赤ちゃんのいるお母さんは意識してしっかり食べるようにして下さい。中には食べても気持ち悪くて吐き戻してしまう人もいるかもしれませんが、少しづつでも良いですから、食べましょう。
理由はわかりませんが「これを食べたい!」と思えるものが現れることがあります。

 

 

 

私の場合は「氷」がそうでした。どんな時にもガリガリと口に含んでいました。

 

食べれるときに、食べたいものを食べましょう。子供を産み、育てるにはパワーは欠かせません。気持ち悪くて食べる気にならない!と言わずに、しっかり食べるようにしましょう。
妊娠中に守らなければいけないことがいくつかあります。

 

 

一年中、お腹をひやさないこと、高いところの物や重い物を持ったりしないこと。適度な運動は良いが全力疾走しないこと、早寝早起きをして健康的な生活リズムを作ること。いづれも妊娠中は皆が言われることだが、一番言ってもらってよかったと思うことはこれである。
お腹の中の胎児に、普段から優しい言葉をかけてあげること。
優しい言葉をかければ優しい子に育っていく、産んでからもこの言葉は忘れられない日々である妊娠初期のつわりの影響で、食べることが難しい人がいると思う。

 

それでも栄養を取らないと、赤ちゃんの発育に影響するので、おじややゼリーなど受け付けるものを食べれればいいと思う。

 

食べ物を受け付けなくても水分補給は必ずとることが大事である。

 

つわりがないから、お腹いっぱい食べれるといい過食はよくない。

 

 

妊娠高血圧や妊娠糖尿病に罹患することもある。バランスのいい食事法をすることが大事であり、また体の調子がいい時は適度な運動をすることが妊娠中に大事である。

 

 

初めての妊娠は、分からないことが多いので、不安な気持ちになる事も毎日といって良いぐらいありすぎますね?快適なマタニティーライフを過ごすために気持ちをのんびりと持つように努力しましょう。どんな時でものんびりと構える心の余裕を持ちましょう。
生きようと一生懸命頑張っている赤ちゃんも不安な気持ちでいっぱいになってしまいます。

 

 

 

お腹が大きくなることで腰や足の付け根に痛みを覚えるママも多いでしょう。妊娠帯をするとお腹が支えられ、痛みが楽になるのでお勧めです。切迫早産で入院すると、常に安静にする必要があります。

 

常に点滴を受け、ごはん、お風呂、お手洗いの他はずっとベッドで生活します。この点滴は副作用があるウテメリンという薬で手の震えや動悸、そして息が上がりやすくなりました。段々体は慣れてくるのですが…。

 

入院中は全くと言っていいほどすることがなく、大人向けの塗り絵、あみもの、パズル等で時間を過ごしていました。

 

妊娠期間中は何よりストレスを溜めないようにしましょう。

 

ストレスをためてしまうと、イライラして暴飲暴食したり、冷静な判断ができず危険な行動に出たり、ゆったりとした気持ちで過ごせなくなります。
すると、お母さんの体にとって負担が増え、胎児にも影響を及ぼしてしまう可能性があるからです。
出産は人生の一大イベント。命懸けです。

 

あまり神経質になりすぎるのもよくないですが、穏やかに出産当日を迎えられるよう、穏やかな気持ちと身体を準備してきましょう。